So-net無料ブログ作成

大阪の児童養護施設、保育士が2女児に性的虐待(産経新聞)

 大阪府は7日、職員による児童への虐待行為があったとして府内の2件の施設に対し、児童福祉法に基づく、改善指導を行った。

 府によると、ある児童養護施設では、男性保育士(23)が今年1月〜2月にかけ、小学生の女児2人に対し、身体を触るなどの性的虐待をしたという。府は保育士としての信用を傷つけたとして、職員の保育士登録を取り消し。施設側は職員を懲戒解雇した。

 また、別の障害者施設では職員13人が約20人の児童らに対し、叩いたり、強く手を引っ張るなどの身体的虐待をしたといい、府が改善を指導。施設側は職員の処分を検討しているという。

【関連記事】
わいせつ容疑で中学教諭逮捕 教え子、自宅に呼び出し
急成長する「援デリ」の“うまみ”と“落とし穴”
子供の虐待防止へ厚労省専門家会議 「親権の制限法」求める意見も 
40人以上の女児にワイセツ…英会話教師の手口
児童の性的虐待、実父が最多…発見より難しく
「中国内陸部の資源事情とは…?」

ため池で発見の3歳女児、病院で死亡確認(読売新聞)
<春の交通安全運動>交差点は気を付けて(毎日新聞)
中国電社長、知事らに謝罪=島根原発の点検漏れ問題(時事通信)
「選挙なら捕まる」「許されない」=閣僚から発言−若林氏問題(時事通信)
自民幹事長代理に河野氏 執行部刷新は否定 「中途半端」の批判も(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。